フィンガープリント 解剖学Ⅰが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    龍二の写真なし秦

    秦 龍二

    人物: Academic

    19892018
    実の写真なし尾身

    尾身 実

    人物: Academic

    19962018
    貴彦の写真なし佐藤
    20012020

    研究成果

    • 4756 引用
    • 29 h指数
    • 87 Article
    • 3 Review article
    • 1 Chapter
    • 1 Comment/debate

    Galectin 3– binding protein suppresses amyloid-β production by modulating β-cleavage of amyloid precursor protein

    Seki, T., Kanagawa, M., Kobayashi, K., Kowa, H., Yahata, N., Maruyama, K., Iwata, N., Inoue, H. & Toda, T., 13-03-2020, : : Journal of Biological Chemistry. 295, 11, p. 3678-3691 14 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 3 引用 (Scopus)

    Induced Fetal Human Muscle Stem Cells with High Therapeutic Potential in a Mouse Muscular Dystrophy Model

    Zhao, M., Tazumi, A., Takayama, S., Takenaka-Ninagawa, N., Nalbandian, M., Nagai, M., Nakamura, Y., Nakasa, M., Watanabe, A., Ikeya, M., Hotta, A., Ito, Y., Sato, T. & Sakurai, H., 14-07-2020, : : Stem Cell Reports. 15, 1, p. 80-94 15 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Cell-autonomous and redundant roles of Hey1 and HeyL in muscle stem cells: HeyL requires HeS1 to bind diverse DNA sites

    Noguchi, Y. T., Nakamura, M., Hino, N., Nogami, J., Tsuji, S., Sato, T., Zhang, L., Tsujikawa, K., Tanaka, T., Izawa, K., Okada, Y., Doi, T., Kokubo, H., Harada, A., Uezumi, A., Gessler, M., Ohkawa, Y. & Fukada, S. I., 02-2019, : : Development (Cambridge). 146, 4, dev163618.

    研究成果: Article

    公開
  • 5 引用 (Scopus)