フィンガープリント 解剖学Ⅱが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    和男の写真なし髙橋
    20052020

    研究成果

    • 238 引用
    • 5 h指数
    • 16 Article
    • 1 Review article

    Analysis of O-glycoforms of the IgA1 hinge region by sequential deglycosylation

    Ohyama, Y., Yamaguchi, H., Nakajima, K., Mizuno, T., Fukamachi, Y., Yokoi, Y., Tsuboi, N., Inaguma, D., Hasegawa, M., Renfrow, M. B., Novak, J., Yuzawa, Y. & Takahashi, K., 01-12-2020, : : Scientific reports. 10, 1, 671.

    研究成果: Article

    公開
  • CD140b and CD73 are markers for human induced pluripotent stem cell-derived erythropoietin-producing cells

    Nishimoto, S., Mizuno, T., Takahashi, K., Nagano, F., Yuzawa, Y., Nishiyama, A., Osafune, K., Hitomi, H. & Nagamatsu, T., 01-03-2020, : : FEBS Open Bio. 10, 3, p. 427-433 7 p.

    研究成果: Article

    公開
  • IgA1 hinge-region clustered glycan fidelity is established early during semi-ordered glycosylation by GalNAc-T2

    Stewart, T. J., Takahashi, K., Whitaker, R. H., Raska, M., Placzek, W. J., Novak, J. & Renfrow, M. B., 01-01-2019, : : Glycobiology. 29, 7, p. 543-556 14 p., cwz007.

    研究成果: Article