リハビリテーション医学Ⅰ

フィンガープリント リハビリテーション医学Ⅰが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

  • Effects of bolus consistency and reclining position on kinematic swallowing events in analysis using 320-row area detector computed tomography

    Tsuzuki, H., Inamoto, Y., Saitoh, E., Aihara, K., Shibata, S., Kagaya, H., Onogi, K., Nakayama, E., Sato, M. & Ueda, K., 01-2020, : : Journal of Oral Science. 62, 1, p. 18-22 5 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Efficacy of an education program for nurses that concerns the use of point-of-care ultrasound to monitor for aspiration and pharyngeal post-swallow residue: A prospective, descriptive study

    Yoshida, M., Miura, Y., Yabunaka, K., Sato, N., Matsumoto, M., Yamada, M., Otaki, J., Kagaya, H., Kamakura, Y., Saitoh, E. & Sanada, H., 03-2020, : : Nurse Education in Practice. 44, 102749.

    研究成果: Article