フィンガープリント 皮膚科学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    一充の写真なし杉浦
    19972020

    研究成果

    Acute generalized exanthematous pustulosis induced by hydroxychloroquine successfully treated with etretinate

    Matsuda-Hirose, H., Sho, Y., Yamate, T., Nakamura, Y., Saito, K., Takeo, N., Nishida, H., Ishii, K., Sugiura, K. & Hatano, Y., 01-02-2020, : : Journal of Dermatology. 47, 2, p. e53-e54

    研究成果: Letter

    1 引用 (Scopus)

    A patient with bullous pemphigoid with mucosal involvement serologically positive for anti-BP230 autoantibodies only

    Taki, T., Takeichi, T., Kono, M., Sugiura, K., Sugimura, Y., Ishii, N., Hashimoto, T. & Akiyama, M., 01-01-2020, : : British Journal of Dermatology. 182, 1, p. 221-223 3 p.

    研究成果: Letter

    LAT1-specific inhibitor is effective against T cell-mediated allergic skin inflammation

    Hayashi, K., Kaminuma, O., Nishimura, T., Saeki, M., Matsuoka, K., Hiroi, T., Jutabha, P., Iwata, Y., Sugiura, K., Owada, T., Kurasawa, K., Okayasu, I., Ouchi, M., Fujita, T., Kanai, Y., Endou, H. & Anzai, N., 01-02-2020, : : Allergy: European Journal of Allergy and Clinical Immunology. 75, 2, p. 463-467 5 p.

    研究成果: Letter

    2 引用 (Scopus)