フィンガープリント 難病治療学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    洋司の写真なし上田
    20012019
    圭介の写真なし常陸
    20062020
    唯宏の写真なし永岡
    20052019

    研究成果

    A comparative proteomic analysis of engineered and bio synthesized silver nanoparticles on soybean seedlings

    Mustafa, G., Hasan, M., Yamaguchi, H., Hitachi, K., Tsuchida, K. & Komatsu, S., 30-07-2020, : : Journal of Proteomics. 224, 103833.

    研究成果: Article

  • Discovery of a follistatin-derived myostatin inhibitory peptide

    Saitoh, M., Takayama, K., Hitachi, K., Taguchi, A., Taniguchi, A., Tsuchida, K. & Hayashi, Y., 01-02-2020, : : Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters. 30, 3, 126892.

    研究成果: Article

  • Expression levels of long non-coding RNAs change in models of altered muscle activity and muscle mass

    Hitachi, K., Nakatani, M., Funasaki, S., Hijikata, I., Maekawa, M., Honda, M. & Tsuchida, K., 01-03-2020, : : International journal of molecular sciences. 21, 5, 1628.

    研究成果: Article

    公開