フィンガープリント 遺伝子発現機構学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    和宏の写真なし福村
    20072018
    明の写真なし前田
    19842019
    誠の写真なし嶋田
    19972017

    研究成果

    公開
  • 1 引用 (Scopus)
  • 6 引用 (Scopus)

    HMGA1a induces alternative splicing of estrogen receptor alpha in MCF-7 human breast cancer cells

    Ohe, K., Miyajima, S., Abe, I., Tanaka, T., Hamaguchi, Y., Harada, Y., Horita, Y., Beppu, Y., Ito, F., Yamasaki, T., Terai, H., Mori, M., Murata, Y., Tanabe, M., Ashida, K., Kobayashi, K., Enjoji, M., Yanase, T., Harada, N., Utsumi, T. および1人, Mayeda, A., 09-2018, : : Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology. 182, p. 21-26 6 p.

    研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)