フィンガープリント 分子遺伝学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    武馬の写真なし加藤
    20062019
    浩樹の写真なし倉橋
    19912019

    研究成果

    A case of dihydropyrimidinase deficiency incidentally detected by urine metabolome analysis

    Tsuchiya, H., Akiyama, T., Kuhara, T., Nakajima, Y., Ohse, M., Kurahashi, H., Kato, T., Maeda, Y., Yoshinaga, H. & Kobayashi, K., 03-2019, : : Brain and Development. 41, 3, p. 280-284 5 p.

    研究成果: Article

  • A case of early onset life-threatening epilepsy associated with a novel ATP1A3 gene variant

    Ishihara, N., Inagaki, H., Miyake, M., Kawamura, Y., Yoshikawa, T. & Kurahashi, H., 03-2019, : : Brain and Development. 41, 3, p. 285-291 7 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    A constitutional jumping translocation involving the y and acrocentric chromosomes

    Tsutsumi, M., Fujita, N., Suzuki, F., Mishima, T., Fujieda, S., Watari, M., Takahashi, N., Tonoki, H., Moriwaka, O., Endo, T. & Kurahashi, H., 01-01-2019, : : Asian Journal of Andrology. 21, 1, p. 101-103 3 p.

    研究成果: Letter