フィンガープリント システム医科学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    英雄の写真なし萩原
    20052019
    剛の写真なし宮川
    19942020
    聡子の写真なし髙井
    20032020

    研究成果

    Behavioral and electrophysiological evidence for a neuroprotective role of aquaporin-4 in the 5xFAD transgenic mice model

    Abe, Y., Ikegawa, N., Yoshida, K., Muramatsu, K., Hattori, S., Kawai, K., Murakami, M., Tanaka, T., Goda, W., Goto, M., Yamamoto, T., Hashimoto, T., Yamada, K., Shibata, T., Misawa, H., Mimura, M., Tanaka, K. F., Miyakawa, T., Iwatsubo, T., Hata, J. I. および2人, Niikura, T. & Yasui, M., 12-05-2020, : : Acta Neuropathologica Communications. 8, 1, 67.

    研究成果: Article

    公開
  • 公開
  • 公開
  • 2 引用 (Scopus)