フィンガープリント 臨床工学科が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    信の写真なし日比谷
    19882018
    秀生の写真なし堀
    20052020
    弘喜の写真なし星野
    19942019

    研究成果

    Arm Model and Puncture Training System in Hemodialysis

    Kanehira, R., Ohashi, A., Miwa, N. & Fujimoto, H., 01-01-2020, Advances in Natural Computation, Fuzzy Systems and Knowledge Discovery - Volume 2. Liu, Y., Wang, L., Zhao, L. & Yu, Z. (版). Springer, p. 962-969 8 p. (Advances in Intelligent Systems and Computing; 巻数 1075).

    研究成果: Conference contribution

  • 2 引用 (Scopus)