フィンガープリント 衛生学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    修二の写真なし橋本

    橋本 修二

    人物: Academic

    19752020
    美由紀の写真なし川戸
    19952020
    弘茂の写真なし谷脇

    谷脇 弘茂

    人物: Academic

    19842019

    研究成果

    Association between dietary inflammatory index and serum C-reactive protein concentrations in the Japan collaborative cohort study

    Suzuki, K., Shivappa, N., Kawado, M., Yamada, H., Hashimoto, S., Wakai, K., Iso, H., Okada, E., Fujii, R., Hébert, J. R. & Tamakoshi, A., 01-05-2020, : : Nagoya journal of medical science. 82, 2, p. 237-249 13 p.

    研究成果: Article

  • 公開
  • Associations of Circulating MicroRNAs (miR-17, miR-21, and miR-150) and Chronic Kidney Disease in a Japanese Population

    Fujii, R., Yamada, H., Munetsuna, E., Yamazaki, M., Ohashi, K., Ishikawa, H., Maeda, K., Hagiwara, C., Ando, Y., Hashimoto, S., Hamajima, N. & Suzuki, K., 05-04-2020, : : Journal of epidemiology. 30, 4, p. 177-182 6 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)