フィンガープリント 衛生学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    修二の写真なし橋本

    橋本 修二

    人物: Academic

    19752020
    宏哉の写真なし山田

    山田 宏哉

    人物: Academic

    20082020

    研究成果

    Association between dietary inflammatory index and serum C-reactive protein concentrations in the Japan collaborative cohort study

    Suzuki, K., Shivappa, N., Kawado, M., Yamada, H., Hashimoto, S., Wakai, K., Iso, H., Okada, E., Fujii, R., Hébert, J. R. & Tamakoshi, A., 01-05-2020, : : Nagoya journal of medical science. 82, 2, p. 237-249 13 p.

    研究成果: Article

  • Associations of Circulating MicroRNAs (miR-17, miR-21, and miR-150) and Chronic Kidney Disease in a Japanese Population

    Fujii, R., Yamada, H., Munetsuna, E., Yamazaki, M., Ohashi, K., Ishikawa, H., Maeda, K., Hagiwara, C., Ando, Y., Hashimoto, S., Hamajima, N. & Suzuki, K., 05-04-2020, : : Journal of epidemiology. 30, 4, p. 177-182 6 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Changes in Serum Immunoglobulin G4 Levels in Patients with Newly Diagnosed Graves' Disease

    Hiratsuka, I., Yamada, H., Itoh, M., Shibata, M., Takayanagi, T., Makino, M., Sugimura, Y., Hayakawa, N., Hashimoto, S. & Suzuki, A., 01-01-2020, : : Experimental and Clinical Endocrinology and Diabetes. 128, 2, p. 119-124 6 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)