フィンガープリント 病理学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    直也の写真なし浅井

    浅井 直也

    人物: Academic

    19932019
    久美の写真なし川井

    川井 久美

    人物: Academic

    19992014
    幸の写真なし杵渕

    杵渕 幸

    人物: Academic

    19902016

    研究成果

    High levels of boron promote anchorage-independent growth of nontumorigenic cells

    Xu, H., Hashimoto, K., Maeda, M., Azimi, M. D., Fayaz, S. H., Chen, W., Hamajima, N. & Kato, M., 11-2020, : : Environmental Pollution. 266, 115094.

    研究成果: Article

  • MiR-221 targets QKI to enhance the tumorigenic capacity of human colorectal cancer stem cells

    Mukohyama, J., Isobe, T., Hu, Q., Hayashi, T., Watanabe, T., Maeda, M., Yanagi, H., Qian, X., Yamashita, K., Minami, H., Mimori, K., Sahoo, D., Kakeji, Y., Suzuki, A., Dalerba, P. & Shimono, Y., 15-10-2019, : : Cancer Research. 79, 20, p. 5151-5158 8 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 5 引用 (Scopus)

    Daple Coordinates Planar Polarized Microtubule Dynamics in Ependymal Cells and Contributes to Hydrocephalus

    Takagishi, M., Sawada, M., Ohata, S., Asai, N., Enomoto, A., Takahashi, K., Weng, L., Ushida, K., Ara, H., Matsui, S., Kaibuchi, K., Sawamoto, K. & Takahashi, M., 25-07-2017, : : Cell Reports. 20, 4, p. 960-972 13 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 16 引用 (Scopus)