研究統括監理部

フィンガープリント 研究統括監理部が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    裕造の写真なし角川
    19862018
    雅英の写真なし高橋
    19812020

    研究成果

    Congenic mapping and candidate gene analysis for streptozotocin-induced diabetes susceptibility locus on mouse chromosome 11

    Maegawa, T., Miyasaka, Y., Kobayashi, M., Babaya, N., Ikegami, H., Horio, F., Takahashi, M. & Ohno, T., 01-04-2018, : : Mammalian Genome. 29, 3-4, p. 273-280 8 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)

    Critical role of rabphilin-3A in the pathophysiology of experimental lymphocytic neurohypophysitis

    Yasuda, Y., Iwama, S., Kiyota, A., Izumida, H., Nakashima, K., Iwata, N., Ito, Y., Morishita, Y., Goto, M., Suga, H., Banno, R., Enomoto, A., Takahashi, M., Arima, H. & Sugimura, Y., 04-2018, : : Journal of Pathology. 244, 4, p. 469-478 10 p.

    研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)

    NADPH oxidase 4 function as a hydrogen peroxide sensor

    Nisimoto, Y., Ogawa, H., Kadokawa, Y. & Qiao, S., 01-06-2018, : : Journal of Biochemistry. 163, 6, p. 489-501 13 p.

    研究成果: Article

  • 5 引用 (Scopus)