フィンガープリント 小児科学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    仁子の写真なし帽田
    20092019
    洋平の写真なし池住
    20002019
    哲哉の写真なし伊藤
    19852020

    研究成果

    Biallelic variants/mutations of IL1RAP in patients with steroid-sensitive nephrotic syndrome

    Niitsuma, S., Kudo, H., Kikuchi, A., Hayashi, T., Kumakura, S., Kobayashi, S., Okuyama, Y., Kumagai, N., Niihori, T., Aoki, Y., So, T., Funayama, R., Nakayama, K., Shirota, M., Kondo, S., Kagami, S., Tsukaguchi, H., Iijima, K., Kure, S. & Ishii, N., 01-04-2020, : : International Immunology. 32, 4, p. 283-292 10 p.

    研究成果: Article

  • Changes in passively-sensitized basophil activation to αS1-casein after oral immunotherapy

    Matsui, T., Naito, M., Tagami, K., Tajima, I., Teshigawara, M., Makino, A., Kitamura, K., Takasato, Y., Sugiura, S., Yamada, C., Izumi, H., Tsuge, I., Kondo, Y. & Ito, K., 01-06-2020, : : Immunity, Inflammation and Disease. 8, 2, p. 188-197 10 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Clinical Features of Complex Febrile Seizure Caused by Primary Human Herpesvirus 6B Infection

    Miyake, M., Kawamura, Y., Hattori, F., Miura, H., Ishihara, N. & Yoshikawa, T., 01-01-2020, (Accepted/In press) : : Pediatric Neurology.

    研究成果: Article