リハビリテーション医学Ⅰ

フィンガープリント リハビリテーション医学Ⅰが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    研究成果

    Effect of Laryngeal Suspension and Upper Esophageal Sphincter Myotomy for Severe Dysphagia Due to Brainstem Disease

    Shibata, S., Kagaya, H., Ozeki, Y., Saitoh, E., Aoyagi, Y., Iwata, Y. & Sakurai, K., 01-07-2020, : : Annals of Otology, Rhinology and Laryngology. 129, 7, p. 689-694 6 p.

    研究成果: Article

  • Effects of bolus consistency and reclining position on kinematic swallowing events in analysis using 320-row area detector computed tomography

    Tsuzuki, H., Inamoto, Y., Saitoh, E., Aihara, K., Shibata, S., Kagaya, H., Onogi, K., Nakayama, E., Sato, M. & Ueda, K., 01-2020, : : Journal of Oral Science. 62, 1, p. 18-22 5 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 公開