ウイルス・寄生虫学

フィンガープリント ウイルス・寄生虫学が有効な場合、研究トピックを掘り下げます。これらのトピックラベルは、この組織のメンバーの業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

    プロファイル

    研究成果

    Antitumor activity of cyclin-dependent kinase inhibitor alsterpaullone in Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative disorders

    Watanabe, T., Sato, Y., Masud, H. M. A. A., Takayama, M., Matsuda, H., Hara, Y., Yanagi, Y., Yoshida, M., Goshima, F., Murata, T. & Kimura, H., 01-01-2020, : : Cancer science. 111, 1, p. 279-287 9 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Engineering Cellular Biosensors with Customizable Antiviral Responses Targeting Hepatitis B Virus

    Matsunaga, S., Jeremiah, S. S., Miyakawa, K., Kurotaki, D., Shizukuishi, S., Watashi, K., Nishitsuji, H., Kimura, H., Tamura, T., Yamamoto, N., Shimotohno, K., Wakita, T. & Ryo, A., 27-03-2020, : : iScience. 23, 3, 100867.

    研究成果: Article

    公開
  • Full genome characterization of novel DS-1like G9P[8] rotavirus strains that have emerged in Thailand

    Fukuda, S., Tacharoenmuang, R., Guntapong, R., Upachai, S., Singchai, P., Ide, T., Hatazawa, R., Sutthiwarakom, K., Kongjorn, S., Onvimala, N., Ruchusatsawast, K., Rungnopakun, P., Mekmallika, J., Kawamura, Y., Motomura, K., Tatsumi, M., Takeda, N., Murata, T., Yoshikawa, T., Uppapong, B. および2人, Taniguchi, K. & Komoto, S., 04-2020, : : PloS one. 15, 4, e0231099.

    研究成果: Article

    公開