• 221 引用
  • 8 h指数
1989 …2018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hidehiko Akiyamaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 221 引用
  • 8 h指数
  • 15 Article

Synthesis of fluoro-functionalized diaryl-λ3-iodonium salts and their cytotoxicity against human lymphoma U937 cells

Das, P., Tokunaga, E., Akiyama, H., Doi, H., Saito, N. & Shibata, N., 07-02-2018, : : Beilstein Journal of Organic Chemistry. 14, p. 364-372 9 p.

研究成果: Article

公開
  • 4 引用 (Scopus)

    Biological evaluation of both enantiomers of fluoro-thalidomide using human myeloma cell line H929 and others

    Tokunaga, E., Akiyama, H., Soloshonok, V. A., Inoue, Y., Hara, H. & Shibata, N., 08-2017, : : PloS one. 12, 8, e0182152.

    研究成果: Article

    公開
  • 11 引用 (Scopus)

    Synthesis of chiral (tetrazolyl)methyl-containing acrylates via silicon-induced organocatalytic kinetic resolution of Morita-Baylis-Hillman fluorides

    Nishimine, T., Taira, H., Mori, S., Matsubara, O., Tokunaga, E., Akiyama, H., Soloshonok, V. A. & Shibata, N., 01-01-2017, : : Chemical Communications. 53, 6, p. 1128-1131 4 p.

    研究成果: Article

  • 9 引用 (Scopus)