• 3505 引用
  • 31 h指数
1993 …2020

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hideo Izawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 7 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

The difference in determinant factor of six-minute walking distance between sarcopenic and non-sarcopenic elderly patients with heart failure

Kono, Y., Izawa, H., Aoyagi, Y., Ishikawa, A., Sugiura, T., Mori, E., Ueda, S., Fujiwara, W., Hayashi, M. & Saitoh, E., 01-2020, : : Journal of cardiology. 75, 1, p. 42-46 5 p.

研究成果: Article

  • Predictive impact of early mobilization on rehospitalization for elderly Japanese heart failure patients

    Kono, Y., Izawa, H., Aoyagi, Y., Ishikawa, A., Sugiura, T., Mori, E., Yanohara, R., Ishiguro, T., Yamada, R., Okumura, S., Fujiwara, W., Hayashi, M. & Saitoh, E., 01-01-2019, (Accepted/In press) : : Heart and Vessels.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)

    Standard cardiac rehabilitation program for heart failure

    Izawa, H., Yoshida, T., Ikegame, T., Izawa, K. P., Ito, Y., Okamura, H., Osada, N., Kinugawa, S., Kubozono, T., Kono, Y., Kobayashi, K., Nishigaki, K., Higo, T., Hirashiki, A., Miyazawa, Y., Morio, Y., Yanase, M., Yamada, S., Ikeda, H., Momomura, S. I. および4人, Kihara, Y., Yamamoto, K., Goto, Y. & Makita, S., 01-01-2019, : : Circulation Journal. 83, 12, p. 2394-2398 5 p.

    研究成果: Article

    公開