• 642 引用
  • 16 h指数
1994 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Hitoshi Kagayaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 29 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 公開
  • Effects of Repetitive Peripheral Magnetic Stimulation on Shoulder Subluxations Caused by Stroke: A Preliminary Study

    Fujimura, K., Kagaya, H., Endou, C., Ishihara, A., Nishigaya, K., Muroguchi, K., Tanikawa, H., Yamada, M., Kanada, Y. & Saito, E., 01-08-2020, : : Neuromodulation. 23, 6, p. 847-851 5 p.

    研究成果: Article

  • Efficacy of an education program for nurses that concerns the use of point-of-care ultrasound to monitor for aspiration and pharyngeal post-swallow residue: A prospective, descriptive study

    Yoshida, M., Miura, Y., Yabunaka, K., Sato, N., Matsumoto, M., Yamada, M., Otaki, J., Kagaya, H., Kamakura, Y., Saitoh, E. & Sanada, H., 03-2020, : : Nurse Education in Practice. 44, 102749.

    研究成果: Article

  • IncobotulinumtoxinA for upper- and lower-limb spasticity in Japanese patients

    Kagaya, H., Masakado, Y., Saitoh, E., Fujiwara, T., Abo, M., Izumi, S. I., Nodera, H., Dekundy, A., Hiersemenzel, R., Nalaskowski, C. M., Hanschmann, A. & Kaji, R., 03-05-2020, : : Current Medical Research and Opinion. 36, 5, p. 827-834 8 p.

    研究成果: Article