• 3639 引用
  • 29 h指数
1980 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kayoko Matsunagaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 10 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • A case of hen's egg-dependent exercise-induced immediate-type allergy

    Onoda, Y., Aoki, Y., Nagai, A., Hasegawa, E., Nakamura, M., Suzuki, K., Futamura, K., Hirosima, M., Horiguchi, T., Matsunaga, K. & Yagami, A., 07-2020, : : Allergology International. 69, 3, p. 476-477 2 p.

    研究成果: Letter

    公開

    An acid-hydrolyzed wheat protein activates the inflammatorand nf-κb pathways leading to long tslp transcription in human keratinocytes

    Kuroda, Y., Yuki, T., Takahashi, Y., Sakaguchi, H., Matsunaga, K. & Itagaki, H., 2020, : : Journal of Toxicological Sciences. 45, 6, p. 327-337 11 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Association of HLA-A*11:01 with Sulfonamide-Related Severe Cutaneous Adverse Reactions in Japanese Patients

    Nakamura, R., Ozeki, T., Hirayama, N., Sekine, A., Yamashita, T., Mashimo, Y., Mizukawa, Y., Shiohara, T., Watanabe, H., Sueki, H., Ogawa, K., Asada, H., Kaniwa, N., Tsukagoshi, E., Matsunaga, K., Niihara, H., Yamaguchi, Y., Aihara, M., Mushiroda, T., Saito, Y. および1人, Morita, E., 08-2020, : : Journal of Investigative Dermatology. 140, 8, p. 1659-1662.e6

    研究成果: Article