• 25 引用
  • 4 h指数
20152020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kazuo Kunisawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 7 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 25 引用
  • 4 h指数
  • 8 Article

Shati/Nat8l deficiency disrupts adult neurogenesis and causes attentional impairment through dopaminergic neuronal dysfunction in the dentate gyrus

Wulaer, B., Kunisawa, K., Hada, K., Jaya Suento, W., Kubota, H., Iida, T., Kosuge, A., Nagai, T., Yamada, K., Nitta, A., Yamamoto, Y., Saito, K., Mouri, A. & Nabeshima, T., 2020, (Accepted/In press) : : Journal of neurochemistry.

研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)
  • 5 引用 (Scopus)
    公開
  • Selective and competitive inhibition of kynurenine aminotransferase 2 by glycyrrhizic acid and its analogues

    Yoshida, Y., Fujigaki, H., Kato, K., Yamazaki, K., Fujigaki, S., Kunisawa, K., Yamamoto, Y., Mouri, A., Oda, A., Nabeshima, T. & Saito, K., 01-12-2019, : : Scientific reports. 9, 1, 10243.

    研究成果: Article

    公開
  • 3 引用 (Scopus)

    Dysregulation of schizophrenia-related aquaporin 3 through disruption of paranode influences neuronal viability

    Kunisawa, K., Shimizu, T., Kushima, I., Aleksic, B., Mori, D., Osanai, Y., Kobayashi, K., Taylor, A. M., Bhat, M. A., Hayashi, A., Baba, H., Ozaki, N. & Ikenaka, K., 11-2018, : : Journal of neurochemistry. 147, 3, p. 395-408 14 p.

    研究成果: Article