• 586 引用
  • 14 h指数
1987 …2018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Keiji Miuraが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 8 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 586 引用
  • 14 h指数
  • 24 Article
  • 4 引用 (Scopus)
  • 7 引用 (Scopus)

    Organization and structure of hox gene loci in medaka genome and comparison with those of pufferfish and zebrafish genomes

    Kurosawa, G., Takamatsu, N., Takahashi, M., Sumitomo, M., Sanaka, E., Yamada, K., Nishii, K., Matsuda, M., Asakawa, S., Ishiguro, H., Miura, K., Kurosawa, Y., Shimizu, N., Kohara, Y. & Hori, H., 29-03-2006, : : Gene. 370, 1-2, p. 75-82 8 p.

    研究成果: Article

  • 39 引用 (Scopus)

    Activation of autoreactive T cells that help nucleobindin-injected mice produce anti-DNA antibodies

    Kubota, T., Watanabe, N., Kaneko, T., Satake, F., Miura, K., Kurosawa, Y., Miyasaka, N. & Kanai, Y., 01-01-2001, : : Immunology Letters. 75, 2, p. 111-115 5 p.

    研究成果: Article

  • 13 引用 (Scopus)