• 2 引用
  • 1 h指数
20182019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kenta Fujimuraが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 2 引用
  • 1 h指数
  • 2 Article

Upper limb motor function affects the outcome after treatment with botulinum toxin a

Fujimura, K., Kagaya, H., Onaka, H., Nagasawa, N., Ishihara, A., Okochi, Y., Yamada, M., Tanikawa, H., Kanada, Y. & Saito, E., 01-06-2019, : : European Neurology. 81, 1-2, p. 30-36 7 p.

研究成果: Article

  • Quantitative assessment for flexed-elbow deformity during gait following botulinum toxin A treatment

    Tanikawa, H., Kagaya, H., Inagaki, K., Kotsuji, Y., Suzuki, K., Fujimura, K., Mukaino, M., Hirano, S., Saito, E. & Kanada, Y., 01-05-2018, : : Gait and Posture. 62, p. 409-414 6 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)