• 50411 引用
  • 116 h指数
1981 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kozo Kaibuchiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1 引用 (Scopus)

    Dopamine receptor DOP1R2 stabilizes appetitive olfactory memory through the Raf/MAPK pathway in Drosophila

    Sun, H., Nishioka, T., Hiramatsu, S., Kondo, S., Amano, M., Kaibuchi, K., Ichinose, T. & Tanimoto, H., 01-04-2020, : : Journal of Neuroscience. 40, 14, p. 2935-2942 8 p.

    研究成果: Article

  • Generation and analysis of novel Reln-deleted mouse model corresponding to exonic Reln deletion in schizophrenia

    Sawahata, M., Mori, D., Arioka, Y., Kubo, H., Kushima, I., Kitagawa, K., Sobue, A., Shishido, E., Sekiguchi, M., Kodama, A., Ikeda, R., Aleksic, B., Kimura, H., Ishizuka, K., Nagai, T., Kaibuchi, K., Nabeshima, T., Yamada, K. & Ozaki, N., 01-05-2020, : : Psychiatry and clinical neurosciences. 74, 5, p. 318-327 10 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Protein kinases phosphorylate long disordered regions in intrinsically disordered proteins

    Koike, R., Amano, M., Kaibuchi, K. & Ota, M., 01-02-2020, : : Protein Science. 29, 2, p. 564-571 8 p.

    研究成果: Article

  • 公開
  • 1 引用 (Scopus)