• 697 引用
  • 16 h指数
20082020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masato Hoshiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 8 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Automated classification method of lung tumor type using cytological image and clinical record

Yamada, A., Teramoto, A., Kiriyama, Y., Tsukamoto, T., Imaizumi, K., Hoshi, M., Saito, K. & Fujita, H., 2020, International Workshop on Advanced Imaging Technology, IWAIT 2020. Lau, P. Y. & Shobri, M. (版). SPIE, 1151505. (Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering; 巻数 11515).

研究成果: Conference contribution

  • 公開
  • Kynurenine plays an immunosuppressive role in 2,4,6-trinitrobenzene sulfate-induced colitis in mice

    Tashita, C., Hoshi, M., Hirata, A., Nakamoto, K., Ando, T., Hattori, T., Yamamoto, Y., Tezuka, H., Tomita, H., Hara, A. & Saito, K., 07-03-2020, : : World Journal of Gastroenterology. 26, 9, p. 918-932 15 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Kynurenine produced by indoleamine 2,3-dioxygenase 2 exacerbates acute liver injury by carbon tetrachloride in mice

    Hoshi, M., Osawa, Y., Nakamoto, K., Morita, N., Yamamoto, Y., Ando, T., Tashita, C., Nabeshima, T. & Saito, K., 30-05-2020, : : Toxicology. 438, 152458.

    研究成果: Article

  • 公開
  • 1 引用 (Scopus)