• 217 引用
  • 10 h指数
19962018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Minoru Omiが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 217 引用
  • 10 h指数
  • 14 Article
  • 1 Chapter
  • 1 Comment/debate
  • 1 Review article
公開
  • In ovo electroporation methods in chick embryos

    Harada, H., Omi, M. & Nakamura, H., 2017, Methods in Molecular Biology. Humana Press Inc., p. 167-176 10 p. (Methods in Molecular Biology; 巻数 1650).

    研究成果: Chapter

  • 2 引用 (Scopus)
  • 15 引用 (Scopus)

    DBZ regulates cortical cell positioning and neurite development by sustaining the anterograde transport of lisl and DISCI through control of Ndell dual-phosphorylation

    Okamoto, M., Iguchi, T., Hattori, T., Matsuzaki, S., Koyama, Y., Taniguchi, M., Komada, M., Xie, M. J., Yagi, H., Shimizu, S., Konishi, Y., Omi, M., Yoshimi, T., Tachibana, T., Fujieda, S., Katayama, T., Ito, A., Hirotsune, S., Tohyama, M. & Sato, M., 18-02-2015, : : Journal of Neuroscience. 35, 7, p. 2942-2958 17 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 15 引用 (Scopus)

    Engrailed and tectum development

    Omi, M. & Nakamura, H., 01-02-2015, : : Development Growth and Differentiation. 57, 2, p. 135-145 11 p.

    研究成果: Review article

  • 1 引用 (Scopus)