• 4886 引用
  • 39 h指数
1992 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Naoki Omiyaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 33 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Clinical relevance of innovative immunoassays for serum ustekinumab and anti-ustekinumab antibody levels in Crohn's disease

Morita, Y., Imai, T., Bamba, S., Takahashi, K., Inatomi, O., Miyazaki, T., Watanabe, K., Nakamura, S., Yoshida, A., Endo, Y., Ohmiya, N., Tsujikawa, T. & Andoh, A., 01-07-2020, : : Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia). 35, 7, p. 1163-1170 8 p.

研究成果: Article

  • 公開
  • 2 引用 (Scopus)