• 732 引用
  • 6 h指数
20062020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Naoki Yahataが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 732 引用
  • 6 h指数
  • 7 Article
  • 1 Comment/debate
  • 1 Review article

Galectin 3– binding protein suppresses amyloid-β production by modulating β-cleavage of amyloid precursor protein

Seki, T., Kanagawa, M., Kobayashi, K., Kowa, H., Yahata, N., Maruyama, K., Iwata, N., Inoue, H. & Toda, T., 13-03-2020, : : Journal of Biological Chemistry. 295, 11, p. 3678-3691 14 p.

研究成果: Article

公開
  • 3 引用 (Scopus)
    公開
  • 15 引用 (Scopus)

    Modeling Alzheimer's disease with iPSCs reveals stress phenotypes associated with intracellular Aβ and differential drug responsiveness

    Kondo, T., Asai, M., Tsukita, K., Kutoku, Y., Ohsawa, Y., Sunada, Y., Imamura, K., Egawa, N., Yahata, N., Okita, K., Takahashi, K., Asaka, I., Aoi, T., Watanabe, A., Watanabe, K., Kadoya, C., Nakano, R., Watanabe, D., Maruyama, K., Hori, O. および23人, Hibino, S., Choshi, T., Nakahata, T., Hioki, H., Kaneko, T., Naitoh, M., Yoshikawa, K., Yamawaki, S., Suzuki, S., Hata, R., Ueno, S. I., Seki, T., Kobayashi, K., Toda, T., Murakami, K., Irie, K., Klein, W. L., Mori, H., Asada, T., Takahashi, R., Iwata, N., Yamanaka, S. & Inoue, H., 04-04-2013, : : Cell Stem Cell. 12, 4, p. 487-496 10 p.

    研究成果: Article

  • 437 引用 (Scopus)

    [Induced pluripotent stem cell].

    Yahata, N. & Inoue, H., 10-2011, : : Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine. 69 Suppl 8, p. 282-285 4 p.

    研究成果: Review article