• 3761 引用
  • 27 h指数
1994 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takashi Watanabeが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1 引用 (Scopus)
    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Membrane-permeant, environment-sensitive dyes generate biosensors within living cells

    Macnevin, C. J., Watanabe, T., Weitzman, M., Gulyani, A., Fuehrer, S., Pinkin, N. K., Tian, X., Liu, F., Jin, J. & Hahn, K. M., 16-04-2019, : : Journal of the American Chemical Society. 141, 18, p. 7275-7282 8 p.

    研究成果: Article

  • 8 引用 (Scopus)

    MiR-221 targets QKI to enhance the tumorigenic capacity of human colorectal cancer stem cells

    Mukohyama, J., Isobe, T., Hu, Q., Hayashi, T., Watanabe, T., Maeda, M., Yanagi, H., Qian, X., Yamashita, K., Minami, H., Mimori, K., Sahoo, D., Kakeji, Y., Suzuki, A., Dalerba, P. & Shimono, Y., 15-10-2019, : : Cancer Research. 79, 20, p. 5151-5158 8 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 7 引用 (Scopus)

    Discovery of long-range inhibitory signaling to ensure single axon formation

    Takano, T., Wu, M., Nakamuta, S., Naoki, H., Ishizawa, N., Namba, T., Watanabe, T., Xu, C., Hamaguchi, T., Yura, Y., Amano, M., Hahn, K. M. & Kaibuchi, K., 01-12-2017, : : Nature communications. 8, 1, 33.

    研究成果: Article

    公開
  • 27 引用 (Scopus)