渡邊 崇

  • 出典: Scopus
  • Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1994 …2021

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。
フィルター
Conference contribution

検索結果

  • 2005

    Roles of IQGAP1 in cell polarization and migration

    Watanabe, T., Noritake, J. & Kaibuchi, K., 2005, Signalling Networks in Cell Shape and Motility. p. 92-101 10 p. (Novartis Foundation Symposium; vol. 269).

    研究成果: Conference contribution

    19 被引用数 (Scopus)