• 134 引用
  • 4 h指数
20022018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takuro Arishimaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 1 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 134 引用
  • 4 h指数
  • 6 Article
  • 2 Review article

Circulating activated protein C levels are not increased in septic patients treated with recombinant human soluble thrombomodulin

Arishima, T., Ito, T., Yasuda, T., Yashima, N., Furubeppu, H., Kamikokuryo, C., Futatsuki, T., Madokoro, Y., Miyamoto, S., Eguchi, T., Haraura, H., Maruyama, I. & Kakihana, Y., 28-09-2018, : : Thrombosis Journal. 16, 1, 24.

研究成果: Article

公開
  • 3 引用 (Scopus)

    Use of a phase-oriented management system against an outbreak of infectious gastroenteritis in an evacuation center after the Great East Japan earthquake

    Okazawa, S., Yamauchi, H., Ichikawa, T., Hayashi, R., Shinoda, K., Obi, M. O., Arishima, T., Wada, A. & Tobe, K., 06-2013, : : Journal of Disaster Research. 8, 3, p. 519-525 7 p.

    研究成果: Article

  • Hyperlactemia can predict the prognosis of liver resection

    Watanabe, I., Mayumi, T., Arishima, T., Takahashi, H., Shikano, T., Nakao, A., Nagino, M., Nimura, Y. & Takezawa, J., 01-07-2007, : : Shock. 28, 1, p. 35-38 4 p.

    研究成果: Article

  • 37 引用 (Scopus)
    公開
  • 4 引用 (Scopus)

    Can polymorphism information decrease side effects of anti-cancer drugs?

    Mayumi, T., Arishima, T., Watanabe, I., Takahashi, H. & Takezawa, J., 01-11-2005, : : Biotherapy. 19, 6, p. 492-499 8 p.

    研究成果: Article