• 2322 引用
  • 25 h指数
1992 …2019

Research output per year

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Tamae Oeが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Disruption of the responsible gene in a phosphoglucomutase 1 deficiency patient by homozygous chromosomal inversion

Yokoi, K., Nakajima, Y., Ohye, T., Inagaki, H., Wada, Y., Fukuda, T., Sugie, H., Yuasa, I., Ito, T. & Kurahashi, H., 01-01-2019, JIMD Reports. Springer, p. 85-90 6 p. (JIMD Reports; 巻数 43).

研究成果: Chapter

  • 2 引用 (Scopus)

    Chromosomally integrated human herpesvirus 6 in the Japanese population

    Miura, H., Kawamura, Y., Hattori, F., Kozawa, K., Ihira, M., Ohye, T., Kurahashi, H. & Yoshikawa, T., 10-2018, : : Journal of Medical Virology. 90, 10, p. 1636-1642 7 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)
  • 2 引用 (Scopus)

    Transmission of chromosomally integrated human herpesvirus 6 via cord blood transplantation

    Yamada, Y., Osumi, T., Imadome, K. I., Takahashi, E., Oe, T., Yoshikawa, T., Tomizawa, D., Kato, M. & Matsumoto, K., 01-02-2017, : : Transplant Infectious Disease. 19, 1, e12636.

    研究成果: Article

  • 4 引用 (Scopus)

    A simple cytogenetic method to detect chromosomally integrated human herpesvirus-6

    Ohye, T., Kawamura, Y., Inagaki, H., Yoshikawa, A., Ihira, M., Yoshikawa, T. & Kurahashi, H., 01-02-2016, : : Journal of Virological Methods. 228, p. 74-78 5 p.

    研究成果: Article

  • 6 引用 (Scopus)