• 1919 引用
  • 22 h指数
1984 …2019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Tatsuro Mutoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 5 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1919 引用
  • 22 h指数
  • 107 Article
  • 10 Review article
  • 2 Short survey

Acute myelitis associated with anti-neutral glycolipid antibody

Terasawa, H., Shimuzu, H., Uehara, T., Kita, Y., Shima, S. & Mutoh, T., 01-01-2019, : : Clinical Neurology. 59, 1, p. 33-36 4 p.

研究成果: Article

公開
  • 4 引用 (Scopus)

    Reversible conduction failure in anti-lactosylceramide-antibody-positive combined central and peripheral demyelination

    Harada, M., Miura, S., Kida, H., Moritaka, T., Irie, K. I., Kamada, T., Uchiyama, Y., Shima, S., Mutoh, T., Hoshino, T. & Taniwaki, T., 01-01-2019, : : Frontiers in Neurology. 10, JUN, 600.

    研究成果: Article

    公開
  • Subventricular glial nodules in neurofibromatosis 1 with craniofacial dysmorphism and occipital meningoencephalocele

    Hamano, T., Mutoh, T., Naiki, H., Shirafuji, N., Ikawa, M., Yamamura, O., Dickson, D. W., Aiki, S., Kuriyama, M. & Nakamoto, Y., 12-2019, : : eNeurologicalSci. 17, 100213.

    研究成果: Article

    公開
  • A case of acute disseminated encephalomyelitis concomitant with polyneuropathy associated with anti-lactosylceramide antibody

    Hayashi, T., Nukui, T., Takashima, S., Nakatsuji, Y., Shima, S. & Mutoh, T., 01-01-2018, : : Clinical Neurology. 58, 5, p. 297-301 5 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)