• 10512 引用
  • 52 h指数
1994 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Tsuyoshi Miyakawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 16 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Behavioral and electrophysiological evidence for a neuroprotective role of aquaporin-4 in the 5xFAD transgenic mice model

Abe, Y., Ikegawa, N., Yoshida, K., Muramatsu, K., Hattori, S., Kawai, K., Murakami, M., Tanaka, T., Goda, W., Goto, M., Yamamoto, T., Hashimoto, T., Yamada, K., Shibata, T., Misawa, H., Mimura, M., Tanaka, K. F., Miyakawa, T., Iwatsubo, T., Hata, J. I. および2人, Niikura, T. & Yasui, M., 12-05-2020, : : Acta Neuropathologica Communications. 8, 1, 67.

研究成果: Article

公開
  • 公開
  • 2 引用 (Scopus)

    Obligatory roles of dopamine D1 receptors in the dentate gyrus in antidepressant actions of a selective serotonin reuptake inhibitor, fluoxetine

    Shuto, T., Kuroiwa, M., Sotogaku, N., Kawahara, Y., Oh, Y. S., Jang, J. H., Shin, C. H., Ohnishi, Y. N., Hanada, Y., Miyakawa, T., Kim, Y., Greengard, P. & Nishi, A., 01-06-2020, : : Molecular Psychiatry. 25, 6, p. 1229-1244 16 p.

    研究成果: Article

  • 10 引用 (Scopus)

    Oligodendrocyte dysfunction due to Chd8 mutation gives rise to behavioral deficits in mice

    Kawamura, A., Katayama, Y., Nishiyama, M., Shoji, H., Tokuoka, K., Ueta, Y., Miyata, M., Isa, T., Miyakawa, T., Hayashi-Takagi, A. & Nakayama, K. I., 28-05-2020, : : Human molecular genetics. 29, 8, p. 1274-1291 18 p.

    研究成果: Article