• 2556 引用
  • 23 h指数
1990 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yuichi Hiroseが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 31 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • Corrigendum to ‘Prosthesis Used in Microvascular Decompressions: A Multicenter Survey in Japan Focusing on Adverse Events’ [World Neurosurgery 130 (2019) e251-e258](S1878875019315943)(10.1016/j.wneu.2019.06.053)

    Hasegawa, M., Hatayama, T., Kondo, A., Nagahiro, S., Fujimaki, T., Amagasaki, K., Arita, K., Date, I., Fujii, Y., Goto, T., Hanaya, R., Higuchi, Y., Hongo, K., Inoue, T., Kasuya, H., Kayama, T., Kawashima, M., Kohmura, E., Maehara, T., Matsushima, T. および16人, Mizobuchi, Y., Morita, A., Nishizawa, S., Noro, S., Saito, S., Shimano, H., Shirane, R., Takeshima, H., Tanaka, Y., Tanabe, H., Toda, H., Yamakami, I., Nishiyama, Y., Ohba, S., Hirose, Y. & Suzuki, T., 02-2020, : : World Neurosurgery. 134, p. 685 1 p.

    研究成果: Comment/debate

    公開
  • 公開
  • Intratumoural immune cell landscape in germinoma reveals multipotent lineages and exhibits prognostic significance

    the Intracranial Germ Cell Tumor Genome Analysis Consortium (the iGCT Consortium), 01-02-2020, : : Neuropathology and Applied Neurobiology. 46, 2, p. 111-124 14 p.

    研究成果: Article