• 17 引用
  • 2 h指数
20162020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yukako Oyamaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 5 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 17 引用
  • 2 h指数
  • 4 Article
  • 1 Comment/debate
  • 1 Review article

Analysis of O-glycoforms of the IgA1 hinge region by sequential deglycosylation

Ohyama, Y., Yamaguchi, H., Nakajima, K., Mizuno, T., Fukamachi, Y., Yokoi, Y., Tsuboi, N., Inaguma, D., Hasegawa, M., Renfrow, M. B., Novak, J., Yuzawa, Y. & Takahashi, K., 01-12-2020, : : Scientific reports. 10, 1, 671.

研究成果: Article

公開
  • 2 引用 (Scopus)
  • The type of vascular access and the incidence of mortality in Japanese dialysis patients

    Ozeki, T., Shimizu, H., Fujita, Y., Inaguma, D., Maruyama, S., Ohyama, Y., Minatoguchi, S., Murai, Y., Terashita, M. & Tagaya, T., 2017, : : Internal Medicine. 56, 5, p. 481-485 5 p.

    研究成果: Article

  • 9 引用 (Scopus)

    A fatal case of metformin-associated lactic acidosis

    Ozeki, T., Kawato, R., Watanabe, M., Minatoguchi, S., Murai, Y., Ryuge, A., Takasugi, K., Hamada, T., Oyama, Y., Nomura, A., Tomino, T., Shimizu, H. & Fujita, Y., 01-04-2016, : : Internal Medicine. 55, 7, p. 775-778 4 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 5 引用 (Scopus)

    Ischemic acute tubular necrosis due to diltiazem overdose

    Ryuge, A., Shimizu, H., Ohyama, Y., Yamaguchi, M., Nomura, A., Maruyama, S., Kitamura, H. & Fujita, Y., 2016, : : Internal Medicine. 55, 9, p. 1149-1151 3 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)